2008年3月19日水曜日

Vegetable_ foodを食べよう!

健康なVegetable foodを食す事は、加齢に伴う精神的で認識低下の率を遅くしたり、記憶喪失と他の関連した問題と戦うのを手伝います。シカゴのラッシュ大学Medicalセンターで研究者によって行われる最近の調査では、高齢者が適切に毎日およそ3人前のVegetable foodを食べなければならないことを示しました。

研究の結果を提示して、勉強著者マーサクレアモリス氏は、定期的にVegetable foodを消費する個人は、消費しない個人より認識低下が40%も少なかったと述べました
「1日につき1 つの人前未満のVegetable foodを消費した人々と比較して、1日につき少なくとも2.8人前のVegetable foodを食べた人々は、認識変化の彼らの率がおよそ40パーセント鈍ったそうだ。この減少は、およそ5年のより若い年齢に等しい」と、リードする研究者が指摘しました。

研究は3718人の初老の個人の上で実行されて、6年の追跡調査期間の間続きました。全体的な成績は、Vegetable foodが精神的な能力を保って、記憶喪失と関連した健康障害を予防することとなると、とても有益であることを示しました。しかし、他より少し効率的であることで、すべてのVegetable foodが、認識機能低下に対して強力なものとしてあるというわけではありません。たとえば、黄色の野菜が二番目に良い場所を占有する間、緑の葉の多いVegetable foodが最も精神的なおよび記憶問題に悪く作用するとわかりました。

他方、ピーナッツまたはレンズ豆のような豆類は、認識低下を遅くする弱い能力があることがわかりました。しかし、研究で最も予想外の結果は、果物定期的な消費が精神的な問題を防ぐこととなると、ほとんど影響を持たないとわかったということでした。

チームは、Neurologyジャーナルで発表される彼らのレポートで結びました「我々が大方の果物を見つけることは、保護するいくらかの個々の果物がないことを意味しません。これは予期しなくて、いくつかの質問を起こします。それはビタミンEの高い量を含んでいるVegetable foodによるかもしれません。そして、それは認識低下の危険性を少なくする事を助けます。果物でなく、Vegetable foodはサラダドレッシングのような添加脂肪でも典型的に消費されます。そして、ビタミンEなどの吸収がそうである脂肪増加は果物がなぜ認識変化と関係していないか理解することを要求しました。

1 件のコメント:

Y-Maeda さんのコメント...

Hello nice to meet you.
KO-N-NI-CHI-WA (^_^)v
I am Japanese.
I saw your wonderful site.
Please link to this site !
【Website】http://food-of-japan.blogspot.com/