2008年4月12日土曜日

Eat_Diet:美味しく食べて健康に痩せる

「1日1個のリンゴで医者いらず」
あなたはこれまでに古い格言を聞いたことがあると思います。私は母からそれを聞いたことを覚えています。果物が体に良いことは知っていたし、また、私はそれを信じていました。それを再確認する新しい研究があります。

ビクターFulgoni博士は全国健康栄養検査調査の一部として集められるすべてのデータを見てみました。そして、それは1994~2004年に大人の食習慣を調査しました。彼は毎日リンゴまたは何らかのリンゴ製品をEatする大人にはメタボリックシンドロームがある27%より低い危険があるとわかりました。そして、それは一群の「多数の慢性疾患(例えば糖尿病と心血管疾患)との関連がある健康問題です。

記事は、リンゴをEatする大人がより小ウエストを持つ傾向があるとあり続けます。それも、毎日リンゴを食べる大人がいずれにしろより好ましい食習慣をする傾向があると言います。私はメタボリックシンドロームの低いリスクの多くがどのように直接、リンゴを食べることに関係があったかについてわかっていたかったです。そして、いくらは単によくバランスのよいDietを取ることに関係があります。やはり、体にとって果物や野菜はとっても良いものだったんですね。そこで野菜関連の格言をもうひとつ。"トマトが赤くなると、医者の顔が青くなる”これも有名な格言ですね。勉強になりましたか?

1 件のコメント:

Art Of Food さんのコメント...

Few weeks ago I watched "Dr.House" tv serial and I fixed on words, that one yung doctor said: "When was the last time you saw child eating apple? It is only cola, hamburgers, french fries, and other junk food aroud kids in USA..." He was so right. I eat apples every day, that is two hundred time better for me than some junk burger or even ice cream...